【簡単解説】一次方程式・文章問題で何をXにするのか?

霧島市の学習塾 作村塾です

基本塾で教えるのは数学と英語がほとんどです

どこの塾でもそればっかりだと思います

一次方程式の計算はできても

文章問題は解けないって人も多いんです

文章から式をつくるわけですから

まさにクイズですよね

クイズ好きにはたまらない問題なんでしょうが

数学ってだけで嫌気がさしてくる人が大多数

ですが受験には避けて通れないってことも事実です

進学校でなければとくに解けなくても構わないかもしれませんが

できれば理解できたほうが楽しいですよね

ということで

一次方程式の攻略法を伝授していきます

例題を1つ

ノートを10冊買って、代金を1,000円払うと おつりが300円ありました。

ノート1冊の値段を求めなさい

こういう簡単なのなら答えだけは分かるんですが

式を作れないと点数が半分しかもらえないんですよね

非常に残念です

さて式の作り方ですが

〇〇〇〇=××××

みたいにしないといけません

ステップ1・なにをXにするのか?

ここで何をXにするのかを発見することが大事です

でている数字は

ノートを10冊・代金を1,000円・おつりが300円

そして

ノート1冊の値段を求めなさいという事です

さっぱりわかりませんか?

そうですよね!

ノート1冊の値段を求めなさい

とか言われるとノート1冊の値段をXにするのか?

どうなのか?

今回はノートの1冊の値段をXとして計算してみましょうか

X=〇〇〇って形でやってみましょう!

=(1000-300)÷10

本1冊の値段=(1000円から300円を引き実際の購入金額を出します)÷買ったノートの冊数ですね

答えは70円です

別の視点から

冊数にXを付けてやってみるなら

10X=1000-300

これでも70円になります

でも解けますし

もしくは

おつりをベースに考えるなら

1000-10X=300とかでもいいんですよね

これも70円ですね

とにかくXを何にするか?ってのを

まず見つけてましょう!

************************************
名称 作村塾
フリガナ サクムラジュク
カテゴリ [学ぶ・スクール] 塾
住所 899-5101 霧島市隼人町住吉381-2
電話番号 0995-40-9206
メールアドレス sakumurajuku@gmail.com
開塾時間 10:00~22:00
休塾日 日曜
************************************

関連記事

ページ上部へ戻る