【受験生】三年生は大変だぜ!

霧島市の学習塾 作村塾です

新3年生になるとき

各中学校で厚本なるものをおススメされます

苦手な教科・得意な教科

点数を上げるために必要な問題集です

一体・・・

どれだけの三年生がこれをやれるのか?

忍耐力が必要です

5教科で1000ページ近くあります

1000ページもやればもちろん成績は上がりますが

ここで一つアドバイスをしておきます

問題集は1回やればいい

そんな事はありません

この1000ページを何度もやるんです

気が遠くなりそうです

1つの単元を理解したいのなら

最低5回は繰り返しやるべきです

理解度の基準として

問題まで覚えてしまったくらいにやり込めば

その単元はマスターしたと言ってもいいでしょう!

同じことの繰り返し

一見、無駄に見えるかもしれません

これは必ず力になるんです

社会人になれば

おはようございます

何度でも練習させられます

いい加減にしてくれと言うくらいにです

挨拶は大人社会で生きていく上で基本中の基本なんです

これが出来ない人は、信用を気づくことが困難です

信用を築き、信頼を勝ち得ていくんです

そしてやっとお仕事をすることが許されます

学生であれば

公式や単語のスペルを永遠とやるんです

それが全ての基本になります

勉強にも解き方を簡単にする方法もいっぱいあります

しかしそれは全て基本があってのことです

基本あってこその技なんです

数学であればいきなり文章問題は解けません

計算を理解したことが前提で

式を作って、それを解けと

二段階に問題が用意されています

計算ができれば自然と文章問題の作り方が見えてきます

文章が数字になって頭に入ってくるんです

そして文章問題を解けば解くほど

頭で考えるより先に式を書くことができます

なんでもそうですが

やればやるほど、上達していくんです

頭で考えるより先に体が反応してしまう

それが貴方の力になります

受験は大変ですが、しっかりと目標を立てて実行していきましょう

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る